前へ
次へ

中学受験で子育てができた

息子は、小学六年生のときに私立中学を受験しました。
なぜ受験しようと思ったのか、友達の影響なのかは分かりません。
親としては、最大の努力をすべく進学塾の特設コースに通わせたり、一緒に過去問題の対策勉強をしたりなど日々を送りました。
力いっぱい頑張りましたが、及ばず不合格となってしまいました。
この経験がよかったのか悪かったのかは分かりませんが、それ以降は学校のレベルは高望みせずランクの低めのところを選びました。
大学も共通テストを受けず大学推薦で面接のみの入試でした。
それでも、ここぞという大学院入試だけは、彼の人生で一番猛勉強しました。
そして希望の大学院で今も学んでいます。
漠然とあまり意味や意思がなく受けた試験には何の意味もなく失敗だったと悟ったのでしょうか。
意味あること、ここぞという勝負のときには力を発揮できる息子になり、逞しく思います。
受験も子育ての一つですが、人生を大きく変える子育てと言えることだけは間違いありません。

Page Top